Thin document

Mulberry paper(楮紙), Lamp soot black ink (墨) mixed with oil
360㎠ x240cm
2018

With the method of wet rubbing, used to create records of relics, I transferred the interior and exterior of grandmother’s house to the paper and jointed together and reconstructed.  The copy image highlight the discrepancy from reality.

遺物の記録に用いられる拓本(湿拓)の手法によって、もとは祖母の家であった自宅の内部と外部を和紙に写し取り、それらを組み合わせて空間を構成したものである。祖母の居た家を記録したものでありながらも、それはノスタルジーとしてではなく、祖母の記憶を写し取ることの不可能性について考えさせる。